FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_07
17
(Fri)09:30

箱庭S秋作品製作めも2

Category: 未分類

こんにちはー
箱庭Sの須藤じゃないほうです。

須藤さんが連日作業大変そうなので須藤じゃないほうの人はこっそり情報発信してゆきます。



▼作品タイトル

(なんとーか)⇄(かんとーか)

すどぅーさんに公開するか聞いてない!!!!から一部だけチラ見せします。
ちなみにこの⇄、特に読みはないので扱い的には・と同じです。
ちなみにロゴもチラ見せすると



こんなかんじです

個人的にはロゴが綺麗なのでロゴをはやく見せびらかしたい!!
ちなみにお花がいっぱいです。


▼キャラクター

前回ペン空はとことん実写っぽくやりたったのでキャライラとかがなかったのですが、
今回はファンタジーなような、アニメっぽいようなお話とか世界観なので
キャライラがあります!!!

ジャケット絵とキャラクター一覧があるのですが、
それぞれ別の絵柄です。
ジャケット絵は私が大好きなイラストさんに
お願いしたところ、
忙しい中引き受けてくださったのでジャケットものすごいかわいくなると思います…!!

箱庭S、だいたいキャストさんに収録していただきながら同時進行で曲作ったりジャケット作ったりと作業が進んで行くので
公開はまだまだ先だと思いますが
楽しみにしていていただけると嬉しいです。

募集の時はキャラクター一覧のほうのちびデフォ絵を一緒に公開するので
そちらを参考にしてくださいませー

ちなみにデフォ絵はこんなかんじ。


絵本の挿絵みたいなのを目指してます。



そしてそして、
せっかくなのであらすじというか世界観というか、
そんなかんじのものを先行して公開させていただきますー\( 'ω')/

まだ文はもっと読みやすいように、わかりやすいように調整されるかもしれないんですが!!!!
製作ブログを見てくださってる方をちらほら見かけたので!!!!!
嬉しくなっちゃったのでいっぱい書きます!!!!!!!!


↓以下、企画書から引用↓


_______________________



____ある日、一種類だけであった人間から、
当然変異によって肉食で夜行性の亜種
“ヴァンプ(ヴァンパイア)”が生まれた。

やがてヴァンプは数を増やし、ヴァンプとヒト(従来までの人間と同じ種)は
互いに一線を引きながら共生してゆく事となっていった。

これは、そんな世界で生きるこどもたちのお話である。


名もなき森の奥深く、
高い柵で囲まれ、アネモネの花園の中にあるその施設は、
ヴァンパイアとヒト、両方の血をもつこども、
"ヴァンビーノ"と呼ばれるハーフのこどもたちが、
ヴァンビーノを"卒業"するまでの時を過ごす、いわゆる幼稚園であり、同時にサナトリウムでもあった。

少年になる一歩手前、6歳から8歳までの間に、
ヴァンビーノ達は一つの成長期"リズヴェ期"を迎える。

その時期が来ると、ヒト、ヴァンプどちらかの血が必ず強くなり、
ハーフからヒトかヴァンプ、どちらかに身体が変化してしまう。
そしてその後、どちらの世界で暮らして行く事になるかが決まるのである。


不安定で、けれど純粋無垢に、穢れを知らないヴァンビーノ達は、
どちらに身体が変化しても、どちらの社会でも生きていけるようにそれぞれの社会を学びながら、
ここ"アネモネ館"覚醒の時を待つ。


次第に覚醒する目覚めるべき本性。
時とともに変化する血に戸惑い、期待し、成長しながら、
彼らは"人間の少年"または"ヴァンプの少年"になってゆく。


しかしリズヴェ期が後半にさしかかるにつれ、
人間の思考、ヴァンプの思考の違いの差は大きくなってゆき、
共に暮らしてきた友人は"別のイキモノ"になってゆくのだった。



_______________________



わーお!!!!すごいオリジナリティーが爆発したお話だ!!!!

今の時点でこんなかんじなのです。
どうやったらこれをうまくわかりやすく、かつおもしろく作れるかという戦いを現在箱庭Sではしております。

雰囲気だけでも伝われば…!!!!


というわけで、チラリズムばかりの今回の製作めもはこの辺りでしめさせていただきます◝(╹▿╹)◜

次はもっとこう、もっとこう!!いろいろ書きます!!!すどぅーさんに確認してきます!!!!!


箱庭Sの須藤じゃないほう、有村でしたー(「°ω°)「










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。